「ヨガは女性のもの」は間違い?男性にも効果的なヨガ

SnapCrab_NoName_2017-12-27_23-14-53_No-00

近ごろ巷には様々な種類のフィットネスが存在しています。

よく聞くものから、名前を聞いたこともないようなマニアックなものまでたくさんありますね。

その中でもヨガは歴史もあり、名前の知れ渡った有名なフィットネスです。

最近ではタレントの片岡鶴太郎さんが『ヨガ離婚』なる行動を起こし、まるで仙人のような生活を送っていることも話題となっています。

もちろんみんな鶴太郎さんのような体を目指してヨガをするわけではありませんが。

さて、鶴太郎さんは別格として、世の中ではなぜかヨガは女性が行うものという印象があるようです。

なぜ男性は行わないのか、といった理由や、ヨガをすることで得られる様々な効果について見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

たったの1割?ヨガをする人間の男性比率

一説によると、ヨガをする人間の男女比率は1対9、男性が1割ほどで女性が9割だといわれています。

なぜこのような比率になるのでしょうか?

ダイエットをして痩せたい願望は女性のほうが多少強いかもしれませんが、最近は健康に気を遣ってジム通いをする男性も多くいます。

それなのに1対9で男性の参加人数が圧倒的に少ないというのは、ちょっとおかしいですよね。

その理由として考えられるのが、実は『恥ずかしさ』なんです。

ヨガはどちらかというと、鍛えるというより美容のためのエクササイズという印象があります。

女性のための習い事というイメージがあるのですね。

また、ジムやフィットネスクラブのヨガクラスは、エアロビクスの類として提供されることが多いようです。

つまり、一人で誰にも見られずに行うのならいいのだが、女性も多くいるたくさんの人たちに混じってヨガを行うことが気恥ずかしいのです。

本当はヨガをしたいのだけど、そういった理由から参加に踏み切れない

そのような男性が世の中にはたくさんいると考えられます。



ヨガってなに?その発祥と目的

そもそもヨガとはなんでしょうか?

ヨガは古代インド発祥であり、伝統的な宗教的行法で、心身を鍛錬によって制御し、精神を統一して古代インドの人生究極の目標である輪廻転生からの「解脱」に至ろうとするもの、だそうです。

一体なんのこっちゃという感じですが。

もう少し現代的なエクササイズの観点で表現すれば、『心と身体をリラックスさせて健康的で充実した生活を送るためのツール』となります。

だいぶわかりやすくなりましたね。

ヨガが他の一般的なフィットネスと少し違うのは、体を鍛えるだけではなく、気分を落ち着けて精神的にも良い影響を与えることができるというところではないでしょうか。

ストレス社会といわれる現代だからこそ、ヨガのような体を鍛えながらできるリラックス法が求められているのでしょう。

 

ヨガで得られる嬉しい効果

さて、ヨガを行うことで一体どのような効果を得られるのでしょうか。

ここではヨガがもたらしてくれる効能について見ていきましょう。

 

◆身体的効果

筋肉のストレッチ効果

ヨガのエクササイズを行うことにより、筋肉のストレッチ効果が期待できます。

体が伸ばされることによって筋肉が働きやすくなり、間接運動を楽にしてくれます。

体が柔軟になることで怪我をしにくくなり、全身の血行が良くなって疲労物質の排出を促し、疲れにくい体をつくることができます。

 

インナーマッスルの強化

インナーマッスルが鍛えられることで日頃からピシッとした姿勢を保つことができ、基礎代謝が上がることでダイエット効果を得られます。

 

活習慣病のリスクを下げる

ダイエット効果とも似てますが、ヨガを行うことで内臓の消化機能が高まります。

高血圧の原因にもなるストレスを軽減させ、動脈硬化などに至るリスクを減らすことができます。

 

◆精神的効果

ストレスの解消

身体的効果のほうでも触れましたが、ヨガには溜まったストレスを解消させる効果があります。

エクササイズで全身の筋肉をほぐし、さらに呼吸法によって自律神経に働きかけ、セロトニンなどの精神を安定させるホルモンを分泌させてリラックス効果が発揮されます。

 

集中力の強化

ヨガを行うことで集中力が高まるといいます。

ストレスを開放し、自分の身体や心に目を向けながらゆったりとした呼吸を行うことで、集中力が養われます。

 

うつ病の防止

ヨガはうつ病の防止にも効果があります。

身体とを落ち着かせて本来の自分と向き合うことで、自分の悩み苦しみを明確に再確認でき、自分が進むべき方向を知ることができます。

 

まとめ

ヨガについて見てきました。

ヨガは心にも身体にも影響を及ぼし、人の生き方を良い方向へ導いてくれるものです。

この際世の男性諸君も恥ずかしがらず、様々な効果が期待できるヨガを始めてみてはいかがでしょうか。

ただし、あまりにもヨガにのめり込んでしまうと、熟年の『ヨガ離婚』という結末が待っているかもしれません。

あくまでほどほどに、ヨガを楽しんでみましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ