ポーズによって違うヨガの効果

SnapCrab_NoName_2014-9-23_23-1-0_No-00

 

ヨガはそのポーズによって効果も様々です。

現在のヨガには様々な流派が有り、その流派によってポーズも様々です。様々なポーズを知ることによりその効果についても知ることができます。

今回はその効果についてご紹介しましょう。

 

ダイエットに効果があるヨガのポーズ

まずは、赤ちゃんのポーズについてご紹介しましょう。

SnapCrab_NoName_2014-9-23_22-35-43_No-00

まずは、あおむけに天井をみて寝そべって下さい。次に両膝を抱えるようにして下さい。

そして、顎をできるだけ自分の両膝につけるようにしましょう。そのままの姿勢でしばらく静止して下さい。そのままゆっくりと、姿勢を元に戻しまましょう。

を吐きながら行うことがポイントになります。

赤ちゃんのポーズの効果についてですが、腸の働きを良くして、内臓の働きを正常化します。

また、リラックス効果もありますので、非常に効果的なポーズになります。

スポンサーリンク

 

次に紹介するのはテーブルのポーズです。

SnapCrab_NoName_2014-9-23_22-41-33_No-00

まずは、膝をついて床に座りましょう。そのまま両手をついて足を伸ばすようにしましょう。

そのままの姿勢でおよそ15秒静止して元に戻してください。

こちらのポーズも深呼吸をしながらする点がポイントになります。

テーブルのポーズの効果についてですが、背筋を伸ばすので、内臓にいい効果があります。

次に、意外と太くなりがちな二の腕の部分痩せに効果があるのです。

さらに、背筋のインナーマッスルが鍛えられますので、猫背などにも効果があります。

 

リラックスに効果があるポーズ

死骸のポーズというポーズがあります。

なんともおどろおどろしい名前ですが、やり法は簡単。両手と両足を伸ばして仰向けになるだけです。

SnapCrab_NoName_2014-9-23_22-50-24_No-00

このポーズのポイントはまっすぐに天井を見つめることでしょう。目をつぶっても瞑想効果があります。

このポーズは非常にリラックスして全身の力を抜くので寝付きが悪いという人には効果があるポーズであるといわれています。

 

太陽礼拝ポーズというものもおすすめです。

SnapCrab_NoName_2014-9-23_22-57-42_No-00

こちらのポーズもシンプルです。

まず、両足を開いてつま先を手のひら1つ分あけましょう。その後目をつぶり自分の胸の前で合掌をして下さい。

背筋はまっすぐに伸ばすようにしましょう。このポーズの目安はおよそ30秒程度ですが、時間がある人は飽きるまでやってもいいでしょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ